ホーム>「お部屋探し」ガイド

「お部屋探し」ガイド

よくある質問

Q. お部屋を借りる時、最初に準備するお金って、どのくらい必要なの(契約金は)??
A.
Q&A

探している都道府県の地域の慣習や、探している時期もありますが、大体の相場は、毎月支払う家賃の5ヶ月分(+α)です。
例えば、5万円のアパートを借りたい場合は、25万円位です。

内訳は次のとおりです。

  通常
家賃 50,000円
敷金 100,000円
礼金 50,000円
仲介手数料 54,000円
合計

254,000円

<補足>

  • 「+α」には、火災保険料、賃貸保証料、鍵交換費用などがあり、その費用は物件や契約者によって異なります。
  • 上記の表は、契約金の目安です。物件によっては「礼金なし」「入居する月の家賃不要」など、初期費用軽減キャンペーン中の物件もございますので、お申し込みを検討される場合には、必ず条件をご確認ください。
Q. 毎月、支払うお金は、家賃だけなの??
A.
支払い

家賃のほか、共益費や管理費などがあれば、その費用も支払います。
さらに、駐車場を利用している場合には、駐車料がかかります。

<補足>

  • 実際に生活する上では、これらの費用に加え、電気・ガス・水道代などがかかるため、お部屋探しの際は、無理のない範囲で家賃を設定しましょう。
Q. ところで、敷金や礼金、仲介手数料、あるいは家賃や共益費ってなに??
A.
家賃

敷金は、アパートなどを契約する時に準備するお金で、入居中の保証金になります。つまり、お部屋を解約する際、入居中に壊してしまった箇所の修理費用、家賃を滞納していれば、未払い家賃として、この敷金から差し引かれることになります。

これらを精算後、差額が返金されます。

その他については、賃貸用語集をご参照下さい。

Q. 家賃はだれが決めているの??
A.
家賃
家賃は、建築コストに対して、地価、建物構造、間取り、設備や仕様を照らし合わせ、新築時は建築業者と大家さんとで決定しています。その後は、周辺地域の相場の変化に合わせて管理会社と大家さんとで決定しています。
Q. 徒歩○○分って、本当なの??
A.
徒歩

不動産の表示基準により、80mを徒歩1分と計算されます。
最寄駅まで徒歩5分なら、駅までの距離が400mという事です。

したがって、実際に歩いた時の所要時間ではありません。

Q. 日当たりが良い、悪いってあるの??
A.
日当たり
一般的には、太陽の光が一日通して室内に入る、洗濯物もよく乾く「南向き」が良いとされています。

朝方生活の方、あるいは朝が弱い方には、朝日の入る「東向き」もおすすめです。

実際には、真南のお部屋は少ないため、「南東」「南西」と”南”が入ると良いでしょう。
Q. 1階に住むのって、どうですか??
A.
日当たり
防犯面が怖いと、よく言われますが、一戸建とリスクは変わりません。

むしろ、2階以上にお住まいの方のほうが、防犯意識が弱く、窓を開けっぱなしにしているなど、その油断が原因での被害が多くなっています。

1階のメリットは、「家賃が安い」「引越しが楽」「災害時の避難が安心」なところです。

小さい子供がいるご家庭なら、お子様がドタバタ歩いたり、騒いでも下の階の住人に迷惑をかける心配がないこと、そして転落事故の危険がないと言ったところでしょうか。
Q. 契約に必要な物ってなに?契約書には実印を押さないといけないの??
A.
契約
都道府県や不動産会社、物件によっても異なりますが、本人の身分証明書(免許証・保険証)、印鑑、契約金が必要です。

必要に応じて「住民票」や「印鑑証明書」などの提出を求められます。

契約書への印鑑は、実印を求められる場合もありますが、通常は認め印で問題ありません。ただし、連帯保証人になる方には、本人確認の手段として、契約書等に実印を押印し、「印鑑証明書」を提出するのが一般的です。
Q. 連帯保証人がいないと、契約出来ないの??
A.
連帯保証人
アパート・マンションを借りる際は、原則、連帯保証人が必要です。
通常、連帯保証人には、両親や兄弟、親戚などの身内を付けます。

<補足>

  • 諸事情で、連帯保証人を身内に頼めない方には、連帯保証人を引き受ける保証人代行会社があり、最近では、この代行会社を連帯保証人にすることを契約の条件としている不動産会社が増えています。
Q. 契約期間って?途中で退去しても大丈夫ですか??
A.
契約期間
アパート・マンションを借りる期間は、一般的に2年間です。
ただし、便宜上2年間としただけで、必ずしも2年間(※1)住む必要はありませんので、契約期間内の退去が可能です(※2)。また、2年経過し、契約満了日となっても、解約の意志表示を事前にしなければ、契約は継続となります(※3)
 

※1・契約の際に、初期費用等のサービスを受けている場合、入居期間を制限している場合があるため、契約内容の確認が必要です。          
※2・解約する際は、退去する日の1ヶ月前に書面通知が必要です。
※3・契約満了日で解約する場合は、契約満了日の1カ月前に書面で通知が必要です。

Q. まもなく、契約期間が2年経ちますが、このまま住めるのですか??
A.
マンション
普通借家契約(※4)であれば、原則、契約期間が満了となっても、さらに2年間契約(更新)する事が出来ます。

その際、更新手続きとして、賃貸借契約書を交わしたり、更新費用(更新料、更新事務手数料、火災保険料等)を支払わなければなりません。
 

※4・契約には、「普通借家契約」と「定期借家契約」の2種類あり、「普通借家契約」は、家主からの更新拒絶の通知がなければ、契約を更新(延長)出来ます。
「定期借家契約」は契約期間に定めがあるため、原則、更新する事は出来ません。

 

 
Q. 鍵は勝手に変えていいの?ペットも内緒で飼っていいのかな??
A.
ペット
鍵は、家主または不動産会社の許可なく交換する事は出来ません。鍵を勝手に変えてしまうことで、緊急時に不動産会社などが入室できず、大惨事になりかねません。

また、ペットは当然ながら、「ペット可」物件でない場合は、ペットを飼う行為、あるいは1日でも預かる行為が禁止されているため、発見次第、契約解除となります。

 

あなたは、どのタイプに当てはまりますか?

学生・社会人

「2017年春」入居予定の方

宿舎から退去する学生 受験生
・引越予定が決まったら、その1、2ヶ月前から探し始めよう ・理想は10、11月頃。遅くとも1月上旬までには探し始めよう ・合否結果の前でも、1月下旬には資料を集めよう(※1)


※1.ご希望の方には、当社の賃貸情報誌「e-oheya」や「物件資料」をご郵送しています。

お部屋探しをスタート!!

矢印

お部屋の条件を整理

どんな部屋に住みたいのかを整理しましょう。

家賃、間取り、設備、立地(場所)の4つの希望条件を整理します。
ただし、理想の部屋は、なかなか見つからないもの。妥協できる条件と出来ない条件もあらかじめ考えておきましょう。
 

ワンポイントアドバイス
先輩たちの家計簿

家賃のポイント
社会人の方は、家賃を毎月の手取り収入の1/3までに抑えると良い。
学生さんは、親に家賃を確認しておこう。

矢印

物件情報を集める

賃貸情報誌、パソコンやスマートフォンなどで賃貸物件を検索して、条件に合う物件をリストアップ。気になる物件は印刷しておきましょう。
 

矢印

不動産会社に問い合わせ・訪問

気になる物件について、直接、メールや電話などで「空室があるかどうか」を確認しましょう。

訪問する際は、事前に日時を予約し、他に良い物件がないかどうか、具体的な希望を伝えて、追加資料を用意してもらっておきましょう。
 

来店の際は、ipadで、気になる物件をご紹介

矢印

物件の見学

実際に、気になる物件を見学しましょう。このとき、たくさんの物件を見学すると、記憶が混乱してしまうため必ず、メモをとりながら見ることが大切です。